MENU

知識ゼロから始める農家さんの野菜ネット販売

野菜や果物をインターネットで販売する方法をお教えします。

タカグチデザイン
Amazonで大好評販売中! 農家さんのネット販売が分かる書籍無料プレゼントキャンペーン

書籍500名ダウンロード突破を記念して、期間限定で、愛知県岡崎市で行われた9,800円相当のセミナー映像を無料で視聴できるキャンペーンを実施中です!

TPPに負けない強い農業をしよう-TPP大筋合意と農業への影響まとめ

      2017/12/14


TPP

 

 

いやぁ、ついに決まってしまいましたね。

何がって?

 

TPPです。

 

以前から農家さんに
深刻な影響を与えるだろう

ということで
不安視されていたものです。

今回の記事では、

・そもそもTPPって何なのか?

・TPPがどんな風に合意されたのか、

・具体的に、農家さんの生活はどう変わるのか、

・輸入品に負けないようにするためには、
どんな目線をもって農業をすればいいのか

をまとめてみました(^^)

 

そもそもTPPって何?

 

TPPは
環太平洋パートナーシップ協定の略です。

 

これまで各国の輸入品などに
かけられてきた関税を撤廃し、
さまざまなルールを決めることで、

 

もっと自由に貿易しよう!

 

という取り決めのことです。

 

これまで高い税金がかけられて
なかなか外国に運べなかった商品が
簡単に外国で売れるようになるわけですね。

日本であれば、自動車などをどんどん
外国で売れるようになると、もうかるのです。

 

逆に、

農業は
深刻なダメージを受けるだろう
と言われています。

 

これからスーパーには、
安い外国のお米、
安い野菜や果物が並ぶようになります。

安いのは、
消費者目線で見ると助かるのですが

農家さんにとっては
自分たちの農作物が売れなくなって
値下げに巻きこまれることになり、
頭痛の種になっています。

 

TPPはどんな風に合意されたの?

TPPが10月5日に大筋合意されました。

2015年10月5日の夜、
閣僚会合で、
TPPが大筋合意に達した
というニュースがありました。

 

 

SnapCrab_NoName_2015-10-9_22-3-26_No-00

 

これらを読むと、農家さんにとっては、
決していい結果と言えないのが分かります。

ブドウの関税は即時撤廃。

サクランボやオレンジは
6年目以降、撤廃。

リンゴ、パイナップルも
11年目には関税がなくなります。

安価な外国の農産物が
入ってくるのは確実。

とくに国内の生産量の多い
米農家はつらいところです……。

政府は重要五品目のうちの一つとして
米を守ろうと交渉してきたのですが、

下に引用した通り、
最終的には、外国からの輸入枠が
もうけられる形になってしまいました。

 

日本時間の5日夜大筋合意したTPPでは、主食用のコメの新たな輸入枠としてアメリカとオーストラリアから、合わせて年間7万8400トンの輸入枠を設けることで合意しました。

 

 

農家さんの生活はどう変わるの?

 

TPPで輸入品が入ってくるように
なると、何が変わるのでしょうか?

 

農作物の値段が下がる。

granville-50423_1280

 

スーパーに並ぶ農作物の
値段が下がります。

外国の農家は
大きな土地を持っていて、
大量生産をしているので、
単価(商品一個の値段)をおさえられるんです。

だから安い農作物が
たくさん入ってきます。

そうなると、
国内の野菜や果物は
売れなくなってしまいます。

「安く売るしかない!!」

そう考える人がいても
おかしくないですよね?

一気に値段が下がることが
予想されます。

 

このままだと、農家さんの収入が激減する可能性も。

 

こうなると農家さんは大変です。

もともと生活が苦しく、
安く売っているところに、
さらに安売りを求められるんですから。

「JAに引き取ってもらう」
という従来の販路一本だと、

収入が減ることこそあれ、
増えることはまずありません。

今、農家さん一人ひとりが、
きわめて現実的な意味で、
今後の働き方を考える時代になった
と言えるでしょう。

 

米

 

輸入品に負けない、強い農業をしよう!

 

問題は分かっていただけたと思います。

では、農家さんは今後、
どのようにしていくべきなのでしょうか?

 

答えは簡単。

 

自分で情報発信をし、
自分で売ればいいんです。

 

263984

 

国やJAが守ってくれる保障はどこにもありません。

 

これまでの農業は、
国や地方自治体に守られてきました。

確かにJAの強い流通網と、農家さんが
農業に専念すればいい仕組みは素敵でした。

 

しかし、これからの農家さんは、

誰かに守ってもらう

という考え方を捨てなければいけません。

 

元々、食料の豊富な現代にあっては、
日本の農家は数が多すぎる
とすら言われています。

日本は現状、食料自給率が低い国です。
農家さんの数が減っても、輸入に頼れば
この国はやっていけるのです。

TPPで輸入は楽になりましたから、
余計に自給率は下がるでしょう。

つまり、
国が守ってくれるのを待っていても、
そんな保障はどこにもないのです。

今、あなたが大好きな農業を
続けようと思うのであれば、

自分で売り方を考え、商売をする

という目線を持つ必要があると思います。

 

でも具体的に
どうすればいいのでしょうか?

 

輸入品と同じ土俵で勝負しない。

 

最も大切なのは、
大量生産の安い輸入品と
戦わないことです。

外国ほど大量生産が
できないのですから、

値段を下げれば下げるだけ、
売上が減って辛くなるだけです。

値下げ合戦ほど不毛で、
疲れてしまうものはありません……。

違うんです。

値段の高低で考えるのではなく、

輸入品にないものを
ウリにすればいいんです。

 

あなたの農作物の良いところをウリにしよう!

 

たとえば、あなたの農作物が
減農薬で作られ、体によいという
特徴があったとします。

あなたは、

「安全・安心」

をウリにできることになります。

外国の農作物は、
農薬がたくさん使われていたり、
遺伝子組換食品があったりします。

輸入が自由になることによって、

「食の安全」

が問題になるのは
避けられないでしょう。

そういうときに、
あなたの野菜は多少高くても
買ってもらえるはずです。

 

もちろん、

「おいしさ」

もウリにできます。

あなたが一つ一つこだわって育てたものには、
大量生産の輸入品にはない味があることでしょう。

まずは、あなたの育てているものの
強みを探してみてください。

 

強みが決まったら
「情報発信」です。

誰でもできる
簡単な方法があります。

 

インターネットで発信して、ブランド化しよう!

 

そう、ここでインターネットの登場です。

ホームページや
ブログ、SNSなど、

インターネットを使って、
あなたの商品がどれだけ良いのかを
アピールするんです。

 

輸入自由化で、食について
不安に思っている人もいますから、

自分の野菜や果物がいかに
安全かを発信してもいいでしょう。

作っているときの様子を
動画や写真で公開すれば、
お客様は安心されるでしょう。

 

また、美味しいものを
求めている人には、

自分の商品の美味しさを
アピールしましょう。

野菜や果物の美味しい食べ方を
提案してもいいでしょう。

 

そうして、インターネットで
あなたの商品を購入できるようにするんです。

ホームページが24時間、
人を集め続けてくれます。

 

あなたの作っているものの
価値をしっかり伝える。

お客様は、価値を感じて
あなたの野菜を選ぶ。

安値にこだわる必要など、
どこにもありません。

値段のつかない野菜を捨てる
悲しさも、ここにはありません。

 

あなたの農作物を、
周りから求められる
ブランドにしましょう。

 

誰かが守ってくれるのを待つのではなく、
誰かに売ってもらうのでもなく、

 

自分で考え、
自分で売る。

 

これが輸入品に負けない強い農業です。

 

農業が好きなのに、
やめてしまうことほど
悲しいことはありません。

強い農業をしながら、
楽しく続けていきましょう(^^)/

 

259741

 

農家さんのネット通販事業の成功事例&具体的な考え方や方法が満載の書籍を無料でプレゼント!現在キャンペーン実施中です。

 

現在、期間限定で、Amazonで好評販売中の書籍をプレゼントしています! 高口が実際に販売をお手伝いさせていただいている農家さんのお話を、書籍にまとめたもの。今なら無料でネット販売をもっと詳しく知っていただけます。

書籍の500名ダウンロード突破を記念して、期間限定で、愛知県岡崎市で行われた9,800円相当のセミナー映像を無料で視聴できるキャンペーンを実施中です!

パソコンやスマホで気軽に読め、ネット販売の始め方や、利益を伸ばすための方法・考え方について学んでいただけます。

『メールもタイピングも苦手だった小さな農家さんが、農園の規模を変えずに、ネット販売準備開始から100日で売上を去年の2倍にした物語』高口大樹:著

ネットショッピングモールの最大手Amazonさんから、800円の価格で販売したこの書籍。実際に私が関わった農家さんの、ネット販売準備開始からの100日間を、インタビューや豊富な資料をもとにして書いた本です。

・ネット販売のイメージがわかない!
・本当に売れるの?

という方のために、
第2部では、ネット販売で
利益を上げる考え方や方法についても
徹底解説しています。

メールもタイピングも苦手だった農家さんが、あっという間に売上を去年までの2倍に伸ばした方法です。
あなたもネット販売の力を知ってみませんか?

書籍の感想を記入していただくだけで、愛知県岡崎市のセミナーを無料で視聴していただけます!

クリックすると無料キャンペーンのページに移動します

※画像はイメージです。

先日、行政の方から、農家さんや農業関係者の方55名に、直接ネット販売についてお話をする機会をいただきました。

年齢も性別もさまざま、

・インターネットに苦手意識がある。
・メールや通販の経験がない。

という方もいらっしゃる中で、

ネット販売が、どんな方でも
今日から気軽に始められ、

長期的に売上を伸ばして
行けるものであるということ

を、かみくだいてお話ししたセミナーです。

こちらのセミナー映像も、今なら期間内に書籍の感想を送っていただくだけで、無料で視聴していただけます! ぜひこれからのあなたの販路開拓につなげてください。

メールアドレスはお間違えなく!

ときどき、書籍をプレゼントしようとしても、メールが送れず返ってくることがあります。

この場合は、私にはどうしようもありません。
(無視した形になってしまって心苦しいです……)

返事が届かない、という方は、PCからのメールを迷惑メールにされていないか、入力されたアドレスが間違っていなかったか、あらためてご確認の上、再度お申込みください。

よろしくお願いいたします。

高口からのメールが届かないという方へ

 

高口へのお問合せはこちらから

タカグチデザインお問い合わせフォーム

↑↑
お問合せ・販売のご相談は、書籍をダウンロードし、読まれた上で送っていただけると、お話がより具体的になりやすいです。ぜひともまずは無料キャンペーンにご参加ください(^^)

 

この記事を書いたのは

高口 大樹
高口 大樹ネット販売アドバイザー&農業webデザイナー
昭和61年1月12日生まれの31歳
香川県高松市生まれで島根県在住。
2018年1月、東京都に移転します。
元小学校教員。(埼玉、島根)

TPP、過疎化、後継者問題……

今、日々の生活の苦しい農家さんを救うのは
インターネット販売であることを知り、
ITの知識を生かして起業。

「農家さんが専業で、安定した生活を送り、毎日幸せに暮らせるようになること」

を目指して、
ネット販売事業開始のサポートや
ホームページ作成のお手伝いをしています。



愛知県岡崎市役所からご依頼をいただき、
55名の農家さんを前に講演。

講演タイトル
『あなたの農産物が2倍の値段で売れる。インターネットが苦手な方でも今日から始められる販路拡大セミナー』

参加者の97%の方から「満足」の評価をいただきました。

同月、大手ネットショップAmazonにて
書籍『メールもタイピングも苦手だった小さな農家さんが、農園の規模を変えずに、ネット販売準備開始から100日で売上を去年の2倍にした物語』を販売。

600名以上の農家さんに喜んでいただいています。

また農家さんのお手伝いで、クラウドファンディング事業に参加。文章や写真撮影、宣伝など全面的にサポートしました。

事業は350%の達成率で見事成功。
資金獲得ができ、次年度以降の販売につながりました。

2018年現在、インターネットの苦手な方でも
野菜や果物のネット販売を一から学ぶことができ、
年商1億円の農園クラスの超本格的なホームページを作って
販売が楽しく始められるサービスを展開中。

北は北海道、南は沖縄県宮古島まで、
毎日全国からお問い合わせをいただき、
農家さんの販売事業をサポートさせていただいています。

無料キャンペーンを始めました。
ネット販売を中心として農家さんが長期的に利益を伸ばす方法や、高口自身がサポートした成功事例、始め方などを解説しています。

【ネット販売がすぐわかる書籍&愛知県岡崎市のセミナー映像無料プレゼントキャンペーン】
↓↓
キャンペーンを詳しく見る

ーーーーーーーーーーーーーーー

<高口にできること・実績>

インターネットの苦手な方でも安心して始められ、ネットを使った農業経営のプロになれるようにブログの利用や、twitterやFacebookなどのSNSを使った集客・宣伝、運用方法についてお教えできます。

・当ブログは「農家 ネット販売」関係のキーワードで上位を独占中。サイトを検索で上位表示させるための対策方法をお教えすることができます。

・HTML、CSS、PHP、jQuery、Wordpress、各種デザインソフト(Photoshop、Lightroomなど)を使い、スマートフォンに対応し、インターネットで予約購入まで完結するネットショップをすべて一人で作ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

メールでの、直接のお問い合わせも受付中です。
「高口のブログを見た」とお声がけください。
メール:mail@takaguchidesign.com
タカグチデザインお問い合わせフォーム
自社ページ


まずは書籍を無料ダウンロードしてみてください(^^)

【ネット販売がすぐわかる書籍&愛知県岡崎市のセミナー映像無料プレゼントキャンペーン】
↓↓
キャンペーンを詳しく見る

 - ネット販売, 農業経営のニュース, ネット販売の魅力, TPPの概要と対策, 農家さんへの最新情報

トップへ戻る