MENU

知識ゼロから始める農家さんの野菜ネット販売

野菜や果物をインターネットで販売する方法をお教えします。

タカグチデザイン
Amazonで大好評販売中! 農家さんのネット販売が分かる書籍無料プレゼントキャンペーン

書籍500名ダウンロード突破を記念して、期間限定で、愛知県岡崎市で行われた9,800円相当のセミナー映像を無料で視聴できるキャンペーンを実施中です!

あきらめるのはまだ早い!小さなお店が”埋没リスク”を気にせず利益を伸ばす方法

      2017/12/14


 

「埋没リスク」

という言葉があります。

なんか、どきどきするような、
こわい響きの言葉ですよね(;^ω^)

実は今、ある場所で売っている多くの販売者さんが、
この「埋没リスク」の影響を受け、
そのお店で売り続けるのをあきらめているようなんです。

この「埋没リスク」という言葉、
この記事を読んでいただくと、
後でもう一度、重要な場面で出てきます。
心にとめておいてくださいね。

 

新聞の一面をかざる”衝撃”の見出し

 

 

日本経済新聞社発行、
日経MJ新聞(20170417付)の一面に載った
記事に今、マーケティングに敏感な
人たちが注目しています。

 

『さらば楽天』『自前サイトで勝負』

 

楽天は、野球の球団のことではないですよ(笑)
ショッピングモール最大手、楽天市場のことです。

楽天市場

 

楽天市場は、日本最大手の
インターネットショッピングモールです。

ショッピングモールといえば、
イオンやイトーヨーカドーのような
大きな建物を思い浮かべるかもしれませんが、
インターネットにもショッピングモールがあるんです。

インターネットにお店がずらずらっと並んで
お客さんは欲しいものを検索で見つけ、
通販で購入できるという仕組みですね。

たくさんのお店が価格順に並んでいたり、
ポイントがたまったりしてまとめ買いがしやすく、
販売ページにも力が入っているものが多いので、
国内流通総額は2億円以上。

通販で買うといえば楽天、
みたいなイメージも以前はありましたね。

 

インターネットで販売をしている
農家さんたちが、
早くから注目していたのも楽天です。

 

たとえば、楽天市場で
「野菜セット」と検索してみてください。

ずらーーーーっと並んでいるのが
分かると思います。

 

楽天で野菜セットを検索してみると……

 

この写真の上の3つは
広告費をかけている商品ですね。

お金をかけて、
上位に表示させています。

その下にも各地域の野菜が
ひしめくように並びます。

もちろん2ページ目、3ページ目、
4ページ目以降にも、
野菜セットが続いていきます。

これだけ、ネットで売りたい農家さんに
注目されてきたサービスっていうことですね~。

 

業界最大手「楽天市場」からお店が次々に撤退!? いったいなぜ?

 

こんなに多くの売り手に
注目されてきたサービスなのに、
新聞の中で一番目立つ見出しが

『さらば楽天』

っておかしくないですか?

 

記事によると、今、楽天市場から、
撤退しているお店が増えてきているとのこと。

それは一体なぜなんでしょうか?

 

記事では、
メガネの通販会社「オンデーズ」の
楽天市場撤退を取り上げ、

どうして楽天からお店が
次々に引き上げているのかを解説しています。

 

 

 

【オンデーズが楽天を撤退した主な理由】

①商品の値段を下げなければならなくなるため
②派手なデザインを要求されるため
③外部サイトへのリンクが規約で禁止されているため

 

「楽天市場で目立つためには商品の値段を下げるか、派手なデザインにしないといけない」。自社のブランドへのこだわりが、楽天では表現できないと判断した。

(日経MJ新聞2017年4月17日より。マーカー引用者)

 

筆者は、楽天と並んで
ヤフーショッピングなどの格安モールも、

「事実上、休眠しているショップが多いのでは」

と書いています。

 

これらはあなたが
モール出店を考えておられるなら、
事前に十分に検討しておくべきことです。

 

“外部サイトへのリンク禁止”って何?

 

ちなみに、ここに書かれている
「外部サイトへのリンク禁止」とは、

楽天などのショッピングモールから、
お店側(あなた)が自由に、
楽天以外のページに
お客様を移動させることはできませんよ

という意味。

たとえば、下の青文字、
これが「外部サイトへのリンク」を貼った状態です。

タカグチデザインのtwitter(ツイッター)

 

ショッピングモールで販売する場合、
こんな風に、フェイスブックや
ツイッター、インスタグラム、

自分のホームページなどを絡めた
ショップ運営ができないということです。

これは楽天に限らず、
メルカリやAmazon(アマゾン)など、
ほぼすべてのショッピングモール、
フリーマーケットが禁止しています。

ショッピングモール側とすれば、
自由に他の場所に
お客さんを移動させてしまったら、
自分のところで買ってくれなく
なってしまいますもんね。
(モール側がいじわるしているのではなく、
切実な理由があるわけです)

 

でもお店側としたら、
今たくさんの人が集まる
フェイスブックやツイッター、
インスタグラムなどを絡めて、
自由な情報発信をしたいですよね~~。

当然その方が、
人が集まりやすくなるわけですから。

 

なぜショッピングモールでは商品の値下げをしなければならないのか

 

オンデーズが撤退する理由として、
気になる言葉がありました。

 

「楽天市場で目立つためには商品の値段を下げるか、
派手なデザインにしないといけない」

 

派手なデザインにしなければ、
商品の値段を下げる必要がある

というのは、どうしてなんでしょうか?

 

ここで冒頭でお話していた

「埋没リスク」

という言葉の出番です。

 

4万4000店のうち、4万3999店は購入してもらえない。

 

 

日経MJ新聞の同記事によれば、
楽天市場の出店者数は
今も増え続けているとのこと。
(2014年末から7.4%増で4万4000店)

でも考えてみてください。

お客さんは、
4万4000ものお店から、

特定の一つのお店を探し出し、
商品を購入します。

お客さんが一店舗で商品を買う場合、
4万4000店あれば、
4万3999店は購入されない運命なんです。

 

ふつう人が検索して調べるのって、
1ページ目くらいですよね?

ずらーーーっと一覧にして
並べられたお店のうち、

人が集まっているお店は、ほとんどが
検索で1ページ目に表示されているお店
といっていいです。

しかも一覧ページの少ない情報から、
ライバルを押しのけて、
お店にたどり着いてもらい、
購入にいたってもらうのは簡単なことではありません。

 

楽天市場内の野菜セットのページ

 

つまり、

①しっかり広告費をかける
②値下げをする
③目立つようなデザインにする

というような方法が取れなければ、
ずらっと並んだ他のライバル商品の山の中に
埋もれてしまう危険があるということなんですね。

これが新聞で語られている「埋没リスク」です。

 

自由な場所で、埋もれないお店を作る

 

それでは、
大きな広告費をかけられず、
値下げをするのが苦しい小さなお店は、
売るのを完全にあきらめなければならないのでしょうか……。

 

いえいえ、そんなことはありません。

新聞ではオンデーズが
インスタグラムと連携して、
自社で運用しているホームページを中心に
利益を伸ばしていることが語られています。
(「ホームページ」と「サイト」という言葉は、
このブログでは、大体同じ意味で使っています)

農家さんのネット通販でも、
これと同じ方法でお客さんを
得ることは十分に可能です。

 

「自社ホームページ」の自由さを生かして販売する農家さん

富良野でメロンやアスパラガスを販売しておられる寺坂農園さん

 

北海道で直販にこだわり、
メロンやアスパラガスを
自社ホームページから販売している寺坂農園さん。

この方は楽天市場では
販売しておられませんが、
年商1億円を公表しておられます。

 

直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家 (DOBOOKS)

直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家 (DOBOOKS)

 

沖縄でマンゴーの販売をしている那覇マンゴー園さん

 

沖縄でマンゴーの販売を
している那覇マンゴー園さん。

自社ホームページ経由で
販売を始めたマンゴーは、
すぐに売切れてしまうほど人気が出ました。

 

自社ホームページの運営はどういうところが自由なのか?

 

今、自社ホームページが注目されているのは、
主に以下の4つの理由があるといえるでしょう。

 

①自社ホームページは手数料がきわめて安い。
②商品が一覧で他社と比べられることがない。
③色々なメディアを組み合わせた販売ができる。
④メールやDMを自由に送れる。

 

運営のネックとなるのはやはりコスト面。
自社ホームページは、
立ち上げにお金がかかることもありますが、
継続的にかかってくる費用は非常に安いです。
(ショッピングモールは売れるたびにお金がかかります)

またページの内容はいくらでも作りこめるので、
他社とどんどん差別化することができます。

フェイスブックやツイッターを
集客ツールとして最大限活用することも可能です。

メールを顧客に送るのも自由です。

 

こんな風に、運営の幅が
ぐっと広がってくると思ってください。

 

ついに「自社ホームページ」での運営に注目する記事が出てきました。

 

このブログでは開設当初から、

「自社ホームページが最も長期的に利益を伸ばせる」

ということを一貫して述べてきました。

しかし、私が情報発信を始めた当初、
ここに注目した記事を書く人は
ほとんど周りにいなかったように思います。

 

ところがこのごろ、
ようやく自社ホームページでの販売に注目した記事が、
新聞などに見られるようになってきました。

 

情報発信を続けてきてよかったと思います。
時代は、どんどん変わってきています。

 

流行りすたりと埋没リスクのある中で、
それでもモールの集客力に期待して出店するか。

あるいは、流行りすたりにとらわれない、
自分のメディアをじっくり育てていくか……。

 

これからの時代の販売について
考えさせられる内容の記事でした。

 

農家さんのネット通販事業の成功事例&具体的な考え方や方法が満載の書籍を無料でプレゼント!現在キャンペーン実施中です。

 

現在、期間限定で、Amazonで好評販売中の書籍をプレゼントしています! 高口が実際に販売をお手伝いさせていただいている農家さんのお話を、書籍にまとめたもの。今なら無料でネット販売をもっと詳しく知っていただけます。

書籍の500名ダウンロード突破を記念して、期間限定で、愛知県岡崎市で行われた9,800円相当のセミナー映像を無料で視聴できるキャンペーンを実施中です!

パソコンやスマホで気軽に読め、ネット販売の始め方や、利益を伸ばすための方法・考え方について学んでいただけます。

『メールもタイピングも苦手だった小さな農家さんが、農園の規模を変えずに、ネット販売準備開始から100日で売上を去年の2倍にした物語』高口大樹:著

ネットショッピングモールの最大手Amazonさんから、800円の価格で販売したこの書籍。実際に私が関わった農家さんの、ネット販売準備開始からの100日間を、インタビューや豊富な資料をもとにして書いた本です。

・ネット販売のイメージがわかない!
・本当に売れるの?

という方のために、
第2部では、ネット販売で
利益を上げる考え方や方法についても
徹底解説しています。

メールもタイピングも苦手だった農家さんが、あっという間に売上を去年までの2倍に伸ばした方法です。
あなたもネット販売の力を知ってみませんか?

書籍の感想を記入していただくだけで、愛知県岡崎市のセミナーを無料で視聴していただけます!

クリックすると無料キャンペーンのページに移動します

※画像はイメージです。

先日、行政の方から、農家さんや農業関係者の方55名に、直接ネット販売についてお話をする機会をいただきました。

年齢も性別もさまざま、

・インターネットに苦手意識がある。
・メールや通販の経験がない。

という方もいらっしゃる中で、

ネット販売が、どんな方でも
今日から気軽に始められ、

長期的に売上を伸ばして
行けるものであるということ

を、かみくだいてお話ししたセミナーです。

こちらのセミナー映像も、今なら期間内に書籍の感想を送っていただくだけで、無料で視聴していただけます! ぜひこれからのあなたの販路開拓につなげてください。

メールアドレスはお間違えなく!

ときどき、書籍をプレゼントしようとしても、メールが送れず返ってくることがあります。

この場合は、私にはどうしようもありません。
(無視した形になってしまって心苦しいです……)

返事が届かない、という方は、PCからのメールを迷惑メールにされていないか、入力されたアドレスが間違っていなかったか、あらためてご確認の上、再度お申込みください。

よろしくお願いいたします。

高口からのメールが届かないという方へ

 

高口へのお問合せはこちらから

タカグチデザインお問い合わせフォーム

↑↑
お問合せ・販売のご相談は、書籍をダウンロードし、読まれた上で送っていただけると、お話がより具体的になりやすいです。ぜひともまずは無料キャンペーンにご参加ください(^^)

 

この記事を書いたのは

高口 大樹
高口 大樹ネット販売アドバイザー&農業webデザイナー
昭和61年1月12日生まれの31歳
香川県高松市生まれで島根県在住。
2018年1月、東京都に移転します。
元小学校教員。(埼玉、島根)

TPP、過疎化、後継者問題……

今、日々の生活の苦しい農家さんを救うのは
インターネット販売であることを知り、
ITの知識を生かして起業。

「農家さんが専業で、安定した生活を送り、毎日幸せに暮らせるようになること」

を目指して、
ネット販売事業開始のサポートや
ホームページ作成のお手伝いをしています。



愛知県岡崎市役所からご依頼をいただき、
55名の農家さんを前に講演。

講演タイトル
『あなたの農産物が2倍の値段で売れる。インターネットが苦手な方でも今日から始められる販路拡大セミナー』

参加者の97%の方から「満足」の評価をいただきました。

同月、大手ネットショップAmazonにて
書籍『メールもタイピングも苦手だった小さな農家さんが、農園の規模を変えずに、ネット販売準備開始から100日で売上を去年の2倍にした物語』を販売。

600名以上の農家さんに喜んでいただいています。

また農家さんのお手伝いで、クラウドファンディング事業に参加。文章や写真撮影、宣伝など全面的にサポートしました。

事業は350%の達成率で見事成功。
資金獲得ができ、次年度以降の販売につながりました。

2018年現在、インターネットの苦手な方でも
野菜や果物のネット販売を一から学ぶことができ、
年商1億円の農園クラスの超本格的なホームページを作って
販売が楽しく始められるサービスを展開中。

北は北海道、南は沖縄県宮古島まで、
毎日全国からお問い合わせをいただき、
農家さんの販売事業をサポートさせていただいています。

無料キャンペーンを始めました。
ネット販売を中心として農家さんが長期的に利益を伸ばす方法や、高口自身がサポートした成功事例、始め方などを解説しています。

【ネット販売がすぐわかる書籍&愛知県岡崎市のセミナー映像無料プレゼントキャンペーン】
↓↓
キャンペーンを詳しく見る

ーーーーーーーーーーーーーーー

<高口にできること・実績>

インターネットの苦手な方でも安心して始められ、ネットを使った農業経営のプロになれるようにブログの利用や、twitterやFacebookなどのSNSを使った集客・宣伝、運用方法についてお教えできます。

・当ブログは「農家 ネット販売」関係のキーワードで上位を独占中。サイトを検索で上位表示させるための対策方法をお教えすることができます。

・HTML、CSS、PHP、jQuery、Wordpress、各種デザインソフト(Photoshop、Lightroomなど)を使い、スマートフォンに対応し、インターネットで予約購入まで完結するネットショップをすべて一人で作ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

メールでの、直接のお問い合わせも受付中です。
「高口のブログを見た」とお声がけください。
メール:mail@takaguchidesign.com
タカグチデザインお問い合わせフォーム
自社ページ


まずは書籍を無料ダウンロードしてみてください(^^)

【ネット販売がすぐわかる書籍&愛知県岡崎市のセミナー映像無料プレゼントキャンペーン】
↓↓
キャンペーンを詳しく見る

 - ネット販売, 農業経営のニュース, ブログ・SNSの活用, ネット販売の魅力, 集客・宣伝方法, 農家さんへの最新情報

トップへ戻る